生まれてから死ぬまでの自我。

生まれてから死ぬまでの自我。

珍スポット、観光スポット、絶品グルメをご紹介☆

【車中泊の旅】烏帽子山 最福寺【鹿児島編②】

こんにちは〜〜〜〜〜最近ひとり旅で精神的にもきついのに金銭面でも追い詰められてきたさゆりです。

 

今日は「総本山烏帽子山 最福寺」に行ってきました。

このお寺は寄り道なんですが、御本尊の姿がとっても綺麗!迫力満点!ついでに建物も綺麗。あらぬところに拾う神ありでした。

 

御本尊が尊い

f:id:saityu-lv31-y:20190217172750j:plain

御本尊。

木彫のでっかい立派な御本尊。
本堂に入ると畳が敷いてあり、そこを進んでお賽銭とお参りをします。お坊さんがいたから大丈夫だったけど、1人で行ったら怖いかも。後ろの背景も装飾的で素敵です。

 

御本尊の裏には別の仏様もいらっしゃいました。七福神不動明王など。裏の通路が割と狭いので仏様との距離が近く、迫力があります。

 

建造物も美しい!

f:id:saityu-lv31-y:20190217172709j:plain

御本尊が祀られている建物。美しい。

f:id:saityu-lv31-y:20190217172802j:plain

近づくとこんな感じ。

f:id:saityu-lv31-y:20190217172822j:plain

建物を出た時はこんなエモ写真が撮れちゃう

f:id:saityu-lv31-y:20190217172736j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190217172725j:plain

御本尊が祀られている建物、実は上にも登れちゃう

↑ここからの眺めが一番綺麗でした。あれ?ここお寺だよな?エモ〜〜〜〜

 

御朱印

f:id:saityu-lv31-y:20190217173902j:plain

ワイルド御朱印

御朱印は2つ書いてもらえます。合わせて600円。

 

怪しい光・・・仏の光ミュージアム

他にも本堂の中に「仏の光ミュージアム」という仏様関連の美術品だけが展示されているミュージアムが地下にありました。そこはまさに天界のよう。迫力満点の絵画や曼荼羅、彫刻を間近で鑑賞することができます。照明は暗めでなんとも不思議な空間・・・もしかしたらあそこは人が踏み入れてはいけない場所だったのかもなあ・・・本当にあんな場所が存在するのかどうか、皆様も行ってみて下さい。

 

ではではさゆりでした〜〜〜〜〜

またみてね。

 

 

 

【車中泊の旅】珍スポット、国見山大国寺。【鹿児島編】

こんにちは~~~~~~最近鋼の錬金術師にハマっているさゆりだよ~~~~~~~推しはセリムだよ~~~~~~~~

 

今日は今回の旅の折り返し地点、珍スポット「国見山大国寺」に行ってきました。

 

普通の道路から「え、こんなとこ入るの?」といううねうねした山道を車で10分程登ります。すると・・・第一仏様発見!

f:id:saityu-lv31-y:20190217170054j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190217170110j:plain

びっくりした。

変わった仏様がたくさん。

ここは怖くない。

f:id:saityu-lv31-y:20190217165521j:plain

可愛いね。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190217165604j:plain

丁寧な説明まで書かれている。さぞ変わった住職様なのでしょうね。

f:id:saityu-lv31-y:20190217165725j:plain

有象無象。

f:id:saityu-lv31-y:20190217165750j:plain

猫がついてくる・・・(嬉)

このお寺の方々、とっても親切な方ばかりでした。

2時間程本堂の中でお話して、ココアとサツマイモとお菓子を頂いてホクホク。

 

このお寺の始まりは、開祖の方が100日間座禅を組んで修行していたところ、「国見岳にお寺を建てなさい」という啓示があってから。獣道を開いてお寺を建てたんだそうです。

 

修行をしていくと、どこにどの仏様がいるか、その仏様がどのような容姿をしているかがわかるそうです。

そうして、彫り師の方を呼んで、住職さんが指示して、石を掘ったりセメントで固めたりしてこのたくさんの彫刻が出来上がったそうです。

 

今の国見山大国寺の住職さんは「川上英明」さんという方です。

川上英明さんは「即身成仏」と言って、生きたまま仏様になったすごーいお方です。なぜわかるかというと、川上さんの写真を撮ったときに光背が出たからです。その写真は本堂に飾られています。

 

住職の方には残念ながらお会いできませんでしたが、国見山大国寺で修行中の尼さんとお話しすることができました。私が「地獄の世界観が好きで地獄をモチーフにしたところをまわってきました」と言うと、「そういうところは悪い霊も集まってくるから、悪い因縁に流されないようにね、地獄じゃなくて、こういうお寺をまわったほうがいいんじゃないかしら」と言われました。やっぱり因縁というものはあるんですね・・・・

 

f:id:saityu-lv31-y:20190217165643j:plain

オラこんな経験初めてだあ・・・

f:id:saityu-lv31-y:20190217165711j:plain

にゃんにゃん。

ここの猫、とっても人懐っこいんです。スリスリして来ます。さらに近くには猫を守る仏様が。不思議とこの周りには猫が集まっていました。何か関係があるんでしょうか・・・

f:id:saityu-lv31-y:20190217165849j:plain

猫を守っていると書かれた仏様。仏像にも猫が何匹か乗っかっています。

f:id:saityu-lv31-y:20190217165834j:plain

こちらも猫の神様。

f:id:saityu-lv31-y:20190217165815j:plain

国見山大国寺から見える風景。この風景には秘密が。

この写真、よ〜く見てみて下さい。左側に見えるちょこんとした塔は近くでみると人が手を合わせて右側の岩山に向かっているように見えます。右側の岩山は観音様が左側の人に頭を向けて横たわっているように見えますよね。このように自然が作り上げたもののはずなのに仏様を感じることがあります。そのようにして仏様はこの世に姿を現すこともあるのだそうです。この話もお寺の尼さんから教えて頂きました。

 

修行のことや仏様のことを教えて下さってとっても勉強になりました。

尼さんも「こうやって人が来てくれないと私たちも人によくしてあげられないから、これじゃ修行にならないからもっと人が来て欲しい」と仰っていました。

 

しかし、「御朱印の頂き方」については思うところもあるようです。「お参りしないで御朱印をすぐにもらって帰ろうとする人がいるのはちょっと悲しい。急いでいるなら私も心を鎮める時間が必要なので電話の一本でも入れて欲しい」と言っていました。

お寺は「観光地」である前に「お寺」なのですよね。大きなお寺はわざと観光地化させていますが、御朱印はお参りしてお寺を観光してからもらいに行きましょうね!さゆりお姉さんとの約束だぞ!!

 

国見山大国寺の訪問は私にとって有意義なものになりました。尼さんに色々教えて頂いて、ゆっくり寛ぎました。お寺ってこういうもんでしたよね。悩みがあったときはこういうお寺に行くと救われそうです。

 

とっても珍しい仏様と、アットホームな猫と尼さんがいる素敵なお寺でした。また来るよ~~~~~

 

以上、さゆりでした~~~~~~~

 

 

 

 

【映画感想まとめ】ピース・オブ・ケイク【ネタバレ注意】

こんにちは〜〜〜〜〜最近彼氏じゃなくて彼女が欲しいナ〜〜〜〜と思っているさゆりです。

 

今日は恋愛映画「ピース・オブ・ケイク」の感想をまとめるよ〜〜〜〜〜

 

ピース・オブ・ケイクとは

原作:ジョージ朝倉

監督:田口トモロヲ

20代の女性の恋愛を繊細に描く映画作品。

多部未華子綾野剛光宗薫菅田将暉峯田和伸松坂桃李等有名な俳優が多数出演。

 

志乃の成長

志乃の恋愛の仕方、ありがちですよね。告白されてなんとなく付き合って、なんとなくセックスする。わかるわ〜〜〜〜〜川谷と個室ビデオでセックスするときも「好きだし、って思えれば」と志乃が思うシーンがありますがそれはもうそれなって感じです。あと、なんだかんだ志乃がモテる。モテるからこそ本気になれないんですね。

 

しかし成り行きで恋をして来た志乃が初めて自分からアタックしました。ワオ!

そして、今まではなんとなく彼のいうことを聞いて来たが、京志郎には本気でぶつかる。早口でどんどん言葉が浮かんで来てまくし立てます。

これが本作での志乃の成長と成功なのではないでしょうか。

 

志乃と京ちゃんの喧嘩、なんか可愛いですよね。喧嘩してる時は辛いけど、こういう喧嘩ができるカップルになりたいもんですね。

 

志乃の名言「ギャーギャー言う女はなんだかんだしぶとく生きていけるのよ!!」これにも共感スイッチ全開。志乃とあかり、両方当てはまりますね。両者、しぶとい女です。

 

植物の暗喩

この映画では植物がよく登場します。

植物を何回買って来ても枯らしてしまう。これは恋愛の暗喩ですね。何回もして来たけど全部失敗に終わっています。

京ちゃんとの恋(クワズイモ)も枯らしてしまったけれど、ラストシーンで京ちゃんが挽回。鬱蒼と茂ったクワズイモ。これが愛か・・・・(?)

 

また、あかりの庭にも意味がありそうです。あかりはあの庭を大事に世話してましたね。「さっさと雑草抜いてよ、胞子が飛んでくるから」という言葉にも、「こちら(京志郎とあかりの世界)へ来ないで」というメッセージにも聞こえます。

 

 

あかりという女

不器用なだけでほんとはいい子だったと感じます。

じゃないと毎日ドアノブにお詫び引っ掛けたりしないですよね。東京に出て来て必死だったのだと感じます。私も上手く言えなくて終わった恋愛、あったなあ〜〜〜〜〜(おばさん)

最初に出版された本に「若干19歳」と書かれていましたが、それは本当の年齢なのでしょうか?謎です。

 

京志郎、ええ奴やん

こいつはいい奴なんですよね。ちゃらんぽらんにいい奴。

浮気は許されることではないけれど、会いに行っていたのはあかりを放っておけない優しさから。どちらも愛していたのでしょうか。結果的にはクワズイモ(志乃)が頭から離れなくなってしまいましたがね。おめでとうだなあ

 

恋する気持ちは世界を変える?

恋愛を別のものに昇華してしまう人々も描かれています。

あかりは京志郎との失恋を文学に昇華させ、千葉は志乃に一目惚れし歌が浮かびました。

ちなみに志乃は「風が吹いた」。好きな人と出会うと自分の中の何かが新しくなるということでしょうか。

 

まとめ

「大嫌いだけど大好き。」うなづけますよね。この二つ、どちらかが欠けたら恋愛として成立しないですね。

ケーキのピースのように同じように切り分けられたはずなのに全部違う。いろんなケースがある。そんな風に解釈しました。

めちゃくちゃリアルな恋愛描写でチクチクするのにロマンチックでキラキラした映画でした。今後の恋愛の参考になりそうです。恋愛に悩んだ時にオススメです。

 

 

久しぶりに恋愛経験を思い出して、ブログに書いちゃったりなんかしてドチャクソ恥ずかしいナ〜〜〜〜!??以上、さゆりでした〜〜〜〜泣

 

 

 

 

【車中泊の旅】巡る巡る神社、お面まみれの館、その他諸々。【宮崎〜鹿児島編】

こんにちは〜〜〜〜〜〜1人ドライブが寂しすぎて助手席に好きな人が乗っている妄想をして「えへへ♡楽しいね♡」ってやっているさゆりです。

 

今日はさらに南下して鹿児島へ。

まずは宮崎県で寄り道神社巡り。

 

霧島神宮

f:id:saityu-lv31-y:20190212203554j:plain

御本尊。国指定重要文化財に登録されています。

朱塗りのとっても綺麗な神社でした。細部にも美しい模様が施されています。昔の人は凝ったことをするね。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203522j:plain

階段を登ります。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203533j:plain

大きな鳥居。その先に待ち構えているのは御本尊。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203543j:plain

こちらは我らが日本国国歌に誕生するさざれ石。

実際に岐阜県の山中から見つかったものを宮崎の方に取り寄せたそうですよ。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203605j:plain

御本尊の先にある神楽殿。こちらも美しく迫力のある建造物です。

f:id:saityu-lv31-y:20190212205554j:plain

駐車場付近にも飲食店や民芸館が立ち並んでいます。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203615j:plain

屋久杉の作品を展示している民芸館。その横には足湯もあります。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203627j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190212203637j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190212203648j:plain

屋久杉はもう取れない貴重な木材だそう。つやがあってキメが細かいそうです。

私も屋久杉で作品を彫ってみたかったですね。お店には屋久杉の端材も売っていました。私はそれを購入。版画を作る予定です。

 

霧島天狗館

出ました!ここにもまさかの珍スポット。霧島神社の手前すぐ近くにあります。入館料は250円。安いですよね。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203405j:plain

なん・・・だここは・・・?

f:id:saityu-lv31-y:20190212203418j:plain

館内中にお面が展示されています。全てご主人のコレクションだそうです。

ここの奥さん、話し上手でとっても親切な方でした。お茶まで出して下さって、宮崎県のご飯が美味しい場所を教えてくださいました。

「最近は黒豚とか聞くけどねえ、別に採れたてとか特別美味しいって訳じゃないのよね」と言っていました。まあ、そんなものですよね。九州は何食べても美味しいっすよ。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203451j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190212203511j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190212203500j:plain

自分とそっくりなお面を探してみよう!!!

f:id:saityu-lv31-y:20190212203441j:plain

こちらは御神木を乾燥させながら一年かけて彫られたという作品。

霧島に伝わる9つのお面の模刻も、こちらの天狗館に展示されていましたよ〜〜〜〜

 

ちゃんぽん食べたい

とずっと思っていましたが、やっと食べられました。こちらのお店で頂いたちゃんぽんが絶品でした。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203659j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190212211058j:plain

ちゃんぽん、780円。

どうせ普通のちゃんぽんでしょ〜〜〜?と思い一口食べると、こ・・・これはうまい!!!!

半透明のシコシコ麺は噛むと弾力があって歯ごたえがあります。それにスープが絡まって、すすると寒い心が温かい・・・

その上に炒めた野菜と豚肉のブロック。肉の方も炒めた痕があります。野菜はキクラゲも相まってシャキシャキ。肉もブロックなだけあって食べ応えがあり、食欲を増進させます。

スープまで飲みました。ごちそうさまでした。

tabelog.com

 

狭野神社

山の方の住宅街の方にあり、閑静で落ち着いた神社でした。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203343j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190212203238j:plain

広い神社。夜来たら怖いだろうなあ

鳥居をくぐり、木々が鬱蒼と茂った一本道を進んで行きます。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203250j:plain

宮崎の巨樹百選に選ばれているムクノキ。

杉の大木が3本くらいありました。

f:id:saityu-lv31-y:20190212203308j:plain

御神殿。


おまけ 

f:id:saityu-lv31-y:20190212203723j:plain

憧れだった戦史館。見かけたので立ち寄ってみたのですが準備中でした・・・夕方だったので仕方ない。またリベンジするぞ。スローガンがたくさん・・・怖い・・・思想が強い・・・けど気になる・・・

 

f:id:saityu-lv31-y:20190212212857j:plain

桜島。ドチャクソ綺麗。

海に島が反射してすんごい綺麗だったんですよ。山も信じられないくらい大きくて、山の地肌が見えるようでした。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190212212924j:plain

鹿児島に入るとやたらヤシの木が植えられてる。何故だろう?

 

以上、さゆりでした〜〜〜〜〜明日はついに国見山大国寺に潜入!

おやすみなさいませ。

【車中泊の旅】美大生の血が騒ぐ熊本。【熊本アート編】

こんにちは〜〜〜〜バイキング!で坂上忍横粂勝仁のことを「横粂」と呼び捨てにすることに笑ってしまうさゆりです。

 

お次は熊本県の美術館巡り。東京に住んでいてアートの情報はバッチリだと思っていましたが、熊本でもアートが盛んで驚きました。地元に現代美術館があるなんて、羨ましいぞ!熊本市中央区!!

 

熊本市現代美術館(CAMK)で現代アートの風を感じる。

今回は、村上隆がキュレーションした展示「バブルラップ」が公開されていました。会期は2019年3月3日までです。奈良美智から草間彌生などの現代作家、そして榎忠や宮島達男の世代の作品も展示されていました。どれも初めて実物見たものばかり。熊本にこんな場所があるのかと感動。

f:id:saityu-lv31-y:20190211214105j:plain

奈良美智の「Tell me why」

f:id:saityu-lv31-y:20190211214009j:plain

展示入口。記念撮影スポットにもなっていた。

f:id:saityu-lv31-y:20190211214031j:plain

題名忘れたけど中村一美。

f:id:saityu-lv31-y:20190211214019j:plain

日比野克彦の「GRAND PIANO」

個人的にこれを見れたことはテンションぶち上がった。実はこれ、段ボールでできているんです。

日比野克彦は芸大の教授で今でもリアルタイムで活躍する彫刻家です。

他にもバイクなど様々なものを段ボールで作った作品がありますよ。こちらもCAMKで見られます!!(鼻息を荒くして)

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211214115j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190211214152j:plain

流行りのアニメ絵。

直近で見ると、アナログでは出せない綺麗な絵の具の層が感じ取れますね。

f:id:saityu-lv31-y:20190211214127j:plain

現代アートの次は陶芸の展示。

村上隆は、1945〜のアートの動きの中で陶芸にも着目しています。

洞窟のような独特な展示方法が興味深いですね。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211214139j:plain

奈良美智の陶芸作品!これは貴重なのでは?

奈良美智は陶芸も制作していたんですね。なんでもできるんだなあ

実際に見て見ると平面とはまた違った圧迫感。こちらに迫って来るようです。

上段の頭が長い三角のやつ、可愛い〜〜〜

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211214207j:plain

見たことがある方もいるのでは?三沢厚彦の「ANIMALS」シリーズ白くま。

f:id:saityu-lv31-y:20190211214219j:plain

宮島達男の「CAMK Death Clock」

この作品、背景の人物が一定時間経過すると変わります。数字はカウントダウン。意味深な作品です。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211214243j:plain

チケット。村上隆のブロマイドとも言える・・・笑

他にも無料の企画展や、子どもの遊び場、上映シアターがあり充実した施設でしたよ。

また、現代アートを鑑賞できる貴重なスポットです。現代アートが好きな私としては有意義な時間でした・・・

この辺は都会ですので美術館を見てから商店街で観光もできるかもしれません。

 

熊本県立美術館でホッと一息。

次は熊本県立美術館。

こちらでは刀、日本画、近代絵画、装飾古墳を鑑賞できます。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211171753j:plain

建物外観

f:id:saityu-lv31-y:20190211213914j:plain

唯一撮影OKだった場所。

f:id:saityu-lv31-y:20190211171818j:plain

絵の迫力に圧倒されているのに何故か心が落ち着きます。

f:id:saityu-lv31-y:20190211213900j:plain

矢野派の日本画。どちらも出世に関する絵です。

f:id:saityu-lv31-y:20190211213935j:plain

古墳の展示。この空間も不思議空間だった。ある意味珍スポット?

熊本県立美術館には「装飾古墳室」という展示室があります。ここでは熊本の装飾古墳のレプリカ(おそらく)を見ることができます。薄暗くて本当に古墳や洞窟の中にいるようでした。ここもちょっと怖かった。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211213958j:plain

石棺。

f:id:saityu-lv31-y:20190211213946j:plain

チブサン古墳レプリカ。

ここでお目にかかれるとは思っていなかった。おっぱい。いつか本物を見に行くからね。

 

他にも企画展で藤田嗣治国吉康雄の絵画の展示を鑑賞しました。

 

熊本県立美術館の周りは自然が豊かで、おしゃれなカフェも併設されているので展示を見た後ホッと一息つけます。地域の方の展示もやっていたので和みました。

 

この辺には近くに熊本市立熊本博物館や熊本城があり、観光するなら一度は来ておきたいスポット。先述した熊本市現代美術館もここから車で20分程度のところにあるので一気にまわれます。

 

熊本のアートを堪能してご満悦。以上、さゆりでした〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

【車中泊の旅】いまきん食堂赤牛丼で昇天。【熊本グルメ編】

こんにちは〜〜〜〜〜中学の時、蛍光ペンをマーカーって言う奴、高校の時プリントをレジュメって言う奴に不信感を抱いていたさゆりです。

 

今回は熊本。熊本県は良いところです。海もあり山もあり、現代美術館もある。住みやすそう〜〜〜〜

 

赤牛丼で有名ないまきん食堂

赤牛とは褐毛和種と呼ばれる和牛の一瞬。赤みが多くさっぱり食べられるのが特徴。

今回は赤牛丼が食べられる「いまきん食堂」へ行ってみました。

インターネットで調べると、2〜3時間待ちは当たり前だと書いてありますが、平日の雨の日、朝10:30頃1人で行ったらすんなり入れた!!ワオ!ラッキー!!

早速人の良さそうなおばちゃんが案内してくれます。

赤牛丼と、ネットで見て美味しそうだった赤牛スジポンを注文。

f:id:saityu-lv31-y:20190211171728j:plain

赤牛丼、1660円

待ってました、ずっと会いたかったよ。

食べると生の部分が柔らかくて脂がたくさん出て美味。赤身の味がする・・・!!さすがブランド牛、格が違うぜ・・・牛肉ってサイコー!!!

個人的にはワサビ醤油で頂くのが好みでした。

味噌汁にも赤牛が。レモンが入っていて酸味が効いててうまく肉の旨味を引き出しています。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211171432j:plain

赤牛スジポン、680円

こちらのスジポンも衝撃が走る一品。
さっぱりとしただし汁に赤牛の牛すじとこんにゃくが入っています。

牛すじはほわほわ。牛すじって硬いイメージがあったけど・・・さっぱり出汁が染み込んで・・・ウ〜ン酒欲しいぞ?

脂身の部分も多くて、脂身と赤身交互に食べる幸せ・・・

隣のポン酢をかけると味が濃くなってますます酒を欲する飲んだくれ。

黄色い蓋の容器の中には「こうじこしょう」が入っていて、汁に混ぜると胡椒系のピリ辛の味に。汁まで飲み干すのに一瞬の出来事でした。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190211171528j:plain

道中にあるレトロなお店。

食べ終わってお店から出ると長蛇の列が。平日でも人気なお店のようです。酒盛りがしたくなってしまうので車の人は要注意。私は煙草でごまかした。

駐車場は少し離れたところにあります。

見つけるまで一苦労でした。近くに内牧温泉があります。

 

並んでも食べる価値あります!!

是非是非ご賞味あれ!!

tabelog.com

 

 

以上、さゆりでした〜〜〜〜〜〜♡

 

 

【車中泊の旅】ラーメンばかり食べている。【佐賀〜熊本編】

こんにちは〜〜〜〜〜旅に出ても全く進路が決まらないさゆりです。

 

今日は九州の女になって佐賀から熊本までブイブイ言わすぜ。

 

熊本ラーメン専門店 黒亭

九州のラーメンを食べてみたかったので寄りました。

こちらのお店は熊本ラーメン界隈では人気が高いそうです。

店内へ入るといい意味で臭い!!これは期待値高め。

f:id:saityu-lv31-y:20190210210521j:plain

玉子入りラーメン。900円。

豚骨ベースのスープにきくらげ、もやし、卵黄、チャーシュー、ネギが入っています。

卵黄が入っているラーメンは珍しい。

まずはそのままいただきます。ニンニクが効いててうまい〜〜〜〜〜薬味も最高だ。そして次は卵黄と絡めて食べると、またこれもスープがまろやかになってうまい。

店内には「焦がしニンニク油」という調味料がおいてあります。これをかけて食べるとニンニクの苦味がプラスされ味に深みが出てさらにうまい。三回うまい。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190210210451j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190210210504j:plain

外観。駐車場は少し離れたところにあります。

tabelog.com

道の駅 阿蘇

阿蘇に行く途中に山の道路を走ったのですが、山が近くてでかくて迫力がすごかったです。ここは日本か?ってなりました。「世界の車窓から」で見るみたいな風景でした。ほんとびっくりした。

 

今日は道の駅阿蘇にお世話になります。

トイレも綺麗ですし、温泉もコインランドリーも食事処もある充実した道の駅です。

温泉は個室で1人で入ることができます。源泉掛け流し温泉を独り占め!料金は1100円。大浴場は工事中だそうです。

宿泊禁止の看板が出ていますが、車中泊の車が非常に多いです。

 

ちなみに・・・

佐賀県内ではこんな(写真わかるづらくてすみません)虚ろな目をして手をあげる小学生のオブジェを多数発見しました。おそらく交通事故防止の為だと思われます。狂気を感じるよ・・・

f:id:saityu-lv31-y:20190210210435j:plain

初めて見た時ビクッとした。

 

九州、何もなかったらどうしようと思っていたけれど熊本県は意外と都会だったなあ。

 

以上、さゆりでした〜〜〜〜〜〜〜