生まれてから死ぬまでの自我。

生まれてから死ぬまでの自我。

珍スポット、観光スポット、絶品グルメをご紹介☆

【車中泊の旅】そうだ、地獄へ行こう。パート2【大阪編】

こんにちは〜〜〜〜〜〜人肌が恋しすぎて運転中1人で人生について喋っているさゆりです。

 

道の駅 しらとりの郷 羽曳野

昨日はここで車中泊させて頂きました。

f:id:saityu-lv31-y:20190210011208j:plain

f:id:saityu-lv31-y:20190210011124j:plain

「あすかてくるで」でお買い物。

 

大念仏寺

全興寺に行く途中で見つけた平野区のお寺。

f:id:saityu-lv31-y:20190210012537j:plain

正門。

f:id:saityu-lv31-y:20190210011616j:plain

本堂。

本堂の中は畳が敷いてあって一般の観光客も入ることができます。

f:id:saityu-lv31-y:20190210012827j:plain

御朱印、300円。

 

大阪府平野区 全興寺

地獄と極楽を体験できるお寺。今回の大阪の本命寺。

聞くところによると、商店街の中にあるらしい。

f:id:saityu-lv31-y:20190210011858j:plain

まずは商店街に入ります。

 「サンアレイ」という商店街に入りました。本屋さん、肉屋さん、果物屋さん、ブティックなどなど昔のままの古き良き商店街です。ここの商店街のブティックでオールインワンが1000円で売っていたので「安ッ」となって購入。

f:id:saityu-lv31-y:20190210012003j:plain

こちらが外観。赤提灯のある施設は信用していいとばっちゃが言ってた

お寺内では地獄と極楽両方を体験することができます。

まずは地獄堂。小屋のようなところに入ると結構な大きさの鬼と奪衣婆と閻魔様、他には薄気味悪い雛人形みたいな人形たちが待っていました。大人でも結構、いやマジで怖いです。ドラを叩くとモニターで地獄の説明が始まります。そこにいたサラリーマンがビビってました。

 

そのあとは極楽。胎道に見立てた階段を降りていくと洞窟が。洞窟の壁には石彫の仏様がびっしり。水がポタポタ垂れている・・・その洞窟の真ん中に立って仏様を感じるのです。こちらも迫力があって怖かったです。

 

f:id:saityu-lv31-y:20190210014052j:plain

御朱印

f:id:saityu-lv31-y:20190210012054j:plain

おばちゃんにもらった飴ちゃん。大阪のおばちゃん飴くれる説は本当だったんだ・・・

 

f:id:saityu-lv31-y:20190210012347j:plain

良い景色。

 

 愛知からこの辺にかけては周りの運転が荒く、私の運転も下手なのでヒヤリハット多発でした。あと、ひらがなの「なにわ」ナンバーが個人的にツボでした。

 

明日は兵庫県に行くよ〜〜〜

ではではごきげんよう( ´ ▽ ` )ノ