生まれてから死ぬまでの自我。

生まれてから死ぬまでの自我。

珍スポット、観光スポット、絶品グルメをご紹介☆

広島で出会った光石研似のおじさんに100円で占ってもらった話

 

広島にて

広島に来て、何にもない道が続いて運転しながらボヤあ〜ッとしていたのに、広島市内に入って急に都会になったな⁉︎と感じていたところ、広島市現代美術館の看板を見つけました。時間に少し余裕があったので観光してた時の話です。

 

人懐っこいおじさんと出会った

外観の写真を撮っていたところ、関西弁(広島弁?)の、光石研似のおじさんに「撮ってください」とお願いされ、建物バックにおじさんを撮影。「ちょっと小さい」と言われました。しかし味をしめたのか、「あっちのオブジェの前でも撮ってください」と別のオブジェの前へ連れていかれる。さっきは小さいとか鬼クライアントかましてきたので「こちとら美大生じゃおら」と思い、「こっちは逆光なのであっちから撮りましょう」と注文し全力で撮影。そうすると「これが一番良い」と喜んでくれました。

 

え、おじさん占い師なの?

そうすると「お姉さん、ここの人じゃないね」と言われ、自分のことを話し、おじさんは?と尋ねると「わしはまんが図書館で漫画を借りとったんじゃ。こっちは無料だし、どこへ返してもええんや。」と教えてくれました。そうすると話が弾んで、「わしはアマチュアの占い師なんじゃ。プロの占い師の先生の手伝いをしとった。」と言いました。私、以前占いバーの記事を書いていますが、占いが好きなんですね、だから「えっそうなんですか!?」と飢えた魚のように食いつきました。すると、おじさんは「タダで占ってあげようか?」と言いました。本来ならここで「胡散臭・・・」と思わなければいけないのですが、「タダ」という言葉と、周りに人通も多かったので、おじさんを信用して、、ベンチで占ってもらうことになりました。

 

占ってもらうことになった

結論、このおじさん、占いの腕はどうかというと、まあまあ当たってました。すごいですね。

おじさんは名前の画数と生年月日から数字の盤を作り、そこから見ていくという方式で占ってくれました。名前は教えなくていいから、画数だけ調べろと言われ、プリントの束のようなものを渡されました。「あ、自分で調べるのね・・・」とまあ思いましたが、そのプリント通りに画数を調べていくと、数字の盤が完成しました。そこから、おじさんは私の情報を次々と当てて行きます。外れたときもありましたがね。

 

親切なおじさん

おじさん、占いのカラクリを全部教えてくれるんですね、だから、あ、このおじさん正直な人だ、と思いました。例えば、「この数字があるということは、こうなんよ」「ここは頭の部分なんよ、だから、ここにペケ(ばってんマーク)がつくと頭に災難があるんや」といった具合にです。

 

また、手相も少しわかるようでした。恋愛の話になって私の手相を見た時「あちゃー、こりゃ尽くすわ」と言っていました。また、恋愛運はこれから上昇していくみたいです。しゃーおら!!手相を見るときも、いやらしく触ってきたりしないで、角度を変えて見てくれました。そのとき、「ホントに手相見れる人って手触らないんだな」って思いましたね。おじさんが私に気を遣ってのこととは思いますが、合コンでの「手相見れるんだ~~~ムフフ」には気をつけようと思いました。

 

私は運が良いらしい

おじさんは将来のことや恋愛のこと、好きな人との相性を占ってくれました。

どうやら、私はとっても運がいいらしく、金運もいいが、まとまったお金を使ってしまうので、無駄なお金を持たない人、真面目な人、食べるのが好きな人なようです。また、出世運とリーダー性があるらしいです。実感はないです。出世運は大谷翔平と同じものを持ってるらしいです。ヨッシャーーーーー!!!!!!!

 

他にも来年、再来年はどうなるかとか色々占ってもらいました。「他にはなんか見て欲しいことあるか?」と度々聞いてくれて色々お話しできました。

 

おじさんバイバイ

最後に、私は占いバーで、占いはお金が発生するものだとマスターに教わっていたので、お金を払おうとすると、「いやいや、いいよいいよ」とおじさんは言いました。私がバーで教わったことを話すと、「じゃあ100円だけもらっておくわ」と言って100円だけもらいました。

 

ご飯食べてないと言うと、「あっち言ったところにイオンがあるで」と言い、「わしトイレ行きたい」と言っておじさんは去って行きました。

私はおじさんと別れるのが惜しかったけど、歩いて駐車場まで行きました。

 

こいつ騙されるんじゃね?と思っていた皆さん、残念でした!ここでこの話はお終いです。

 

出会いと別れの繰り返しですね、寂しいですが、そうはいきません。皆それぞれの環境、場所で生きているからです。

しかしこういう出会いも旅の一興。旅をしていて良かったと思えたエピソードでした。

 

現場からは以上です!さゆりでした~~~~~