生まれてから死ぬまでの自我。

生まれてから死ぬまでの自我。

珍スポット、観光スポット、絶品グルメをご紹介☆

【車中泊の旅】まとめ【車中泊のコツ】

こんにちは〜〜〜〜〜〜ツイートがポエミーになってしまって恥ずかしいさゆりです。

 

20日間の放浪の末、ただいま東京のお家に到着致しました!

これで車中泊の旅を終わりにしたいと思います。

読んでくれた方ありがとうございました。

 

今回は車中泊放浪にかかったお金と「こういう時どうするの?」という素朴な疑問にお答えして、車中泊旅行についてまとめていくよ〜〜〜〜〜〜

これから車中泊旅行したい方は参考にしてみてね。

 

どのくらいお金かかった?

2/1~2/21の20日間を車中泊で放浪してかかったお金の内訳です。

食費

¥30750

自炊するには機材が足りなかったのでほぼ外食でした。スーパーやコンビニの安いもの、マックで充電しながら食べたもの、たまにご当地グルメを食べてこの金額です。

 観光代

¥10950

有名な観光スポットとなると料金が跳ね上がりますが、無料で見れるところもありピンキリです。意外と安く済みました。秘宝館が一番高かった・・・

入浴代

¥5821

道の駅などについている入浴施設を利用したり、スーパー銭湯に行ったりして入浴していました。お風呂に入れなかった日もあるのでこの金額です。2〜3日に一回くらいのペース。気になる人は多めに計算!

ガソリン代

¥34434

ガソリン代、毎日払っていたのですがきつかった・・・・レンタカーが運よく燃費が良かったのでその分安いかもしれません。

駐車場代

¥4800

駐車場が無い施設を観光する際にコインパーキングを利用すると駐車場代がかかります。これ計算してなかった・・・

お土産代

¥7452

私お土産買わない派の人間なんですが、道の駅に行くと魅力的なお土産がたくさん並んでいるのです。買っちゃいますよね。

洗濯代

¥5100

下着や衣類のストックがなくなるとコインランドリーで洗濯していました。コインランドリーって、探せばどこにでもあるもんなんですね。知りませんでした。田舎の方でもあまり困りませんでした。

通行料

¥8170

急いでいたり、夜になる前に観光しておきたい場所がある等の事情があると高速道路を利用していました。また、瀬戸大橋、下関トンネルは通行料がかかります。

レンタカー(ノンオペレーションチャージ代含む)

¥114476

スマイルレンタカーというところでマンスリーレンタカーをレンタルしました。レンタカー扱いなので車庫証明も必要ありませんし、スタッフの方も優しく、何と言っても安いのでオススメです。

走行距離3000kmまでは無料なのですが、そこから先は1kmにつき¥10かかるのでその料金と、私の場合事故を起こしてしまったのでノンオペレーションチャージ代を含めてこの金額でした。

renta.its-smile.co.jp

修理代

¥8560

走行中、縁石に乗り上げてタイヤがパンクしてしまったのでその修理代です。

宿泊費

¥3400

車中泊をしていると体がバッキバキになります。首とか痛くなります。リラックスの為に博多のゲストハウスに泊まっていました。

総支出

¥230,513

15万くらいで済むと思っていたのでなんか、コメントできないです。まあでも楽しかったです。

 

車種は?

日産のデイズです。

軽乗用車で小回りも効くので運転しやすかったです。ナビで細〜い道に案内されることも少なくなかったので。

デイズは後部座席がリクライニングになっていて、フラットシートみたいにできて車中泊には向いている車だと言えます。

 

総移動距離

f:id:saityu-lv31-y:20190224120439j:plain

赤い線で辿ったところが大体移動した距離になります。

東日本の方も観光したかったのですが時間が足りず断念。

鳥取島根の方ももしかしたら雪があるかもしれないと思い諦めました。

九州が一番楽しかったですね。何食べても美味しいですし、人が優しかったです。神社がたくさんあったのも個人的にグッドでした。

日本半周が目標でしたが半周もできませんでしたね。またリベンジして、どんどん日本全国踏破して行きたいです。

 

車中泊の旅をしてわかったこと

・人間は孤独

・道の駅は大体山の中にある

・夜の山道は全然街灯がなくて怖い

・山を舐めてるとやばい

・愛知〜兵庫は運転が荒い

・東京の食べ物は鮮度が落ちている

 

孤独が一番辛かったです。

田舎には街灯がないです。道路に街灯が無いくせにお地蔵さんの家には電気がついていて謎でした。仏様を大事にする文化は西日本から南の方にかけてはだいぶ残っていて驚きでした。

山は怖いです。急に暗くなったり急に雨ザーザー降ったりします。女みたいですね。

 

車中泊の旅をして良かったこと

・運転が上手くなった

・日本の地理に詳しくなれた

・美味しいものを知れた、そしてそれを食べれた

・孤独に強くなった

・家族のありがたみを知ることができた

・生活習慣が治った

 

運転は上手くなったと思います。はじめの方は危ない運転をしてクラクションを鳴らされたりヒヤリとしたりしましたが、最後の方は安定して運転して帰ることができました。大宮ナンバーは、マジ卍。

あとは、この旅を終えて少し客観的になれた気がします。いろんな人と話して、自分以外の誰かの事情を知ったからだと思います。まあ結局自己中なんですけどね。

そして、朝型になりました。旅行中は娯楽もなくお金もなく、夜になったら当たり前ですが暗くなるので寝るしかなくなるのです。バイトも無かったので。これから昼夜逆転したら車中泊の旅に出るかな。

 

車中泊のコツ

コツというか、「私はこうしました」的なことですね。

 

 

・道の駅には遅く到着して早い時間に出発する

これはマナー的な話です。 長時間駐車するわけですから、正当に利用されている地域の方に迷惑をかけることになってしまいます。

私の個人的な失敗談ですが、大人気の道の駅で車中泊中、うっかり寝すぎてしまって11時頃起きると道の駅は大混雑、「移動をお願いします!!」と交通整備の方が叫んでいて、車を降りると大目玉。こんなことにならないように皆さんもお気をつけ下さい。

矛盾しますが、夜の山道は危険で煽られたりしますので絶妙な時間帯を狙うのが難しいですよね。

 

・端っこに頭から停める

車内を見られたく無いのでこうしていました。また、車中泊だと思われないようにしたかったので。

 

防犯面がきになる方はカーテンや目隠しを使って車内を隠しましょう。そうすれば誰が何人乗っているか傍目からはわからなくなるので。これは着替えをするときなどにも有効です。

私は他に車中泊の車が見当たらない時以外は車内を隠していませんでした。(着替えは温泉で行っていました)それでも危険な目には会いませんでしたよ。

 

まとめ

車中泊は公式には禁止されていますが、「仮眠」として黙認されているそうです。それを理解して迷惑をかけないように車中泊を楽しみたいですね。

ある意味極限状態になれる旅行方法だと思います。やって良かったです。

これから車中泊をしたい方は参考に読んでいただければ幸いです。

 

以上、さゆりでした〜〜〜〜〜〜〜〜