生まれてから死ぬまでの自我。

生まれてから死ぬまでの自我。

珍スポット、観光スポット、絶品グルメをご紹介☆

有村藍里さんが整形したことについて

こんにちは〜〜〜〜最近echo(タバコの銘柄に)の良さに気づいたけど喫煙で肌が荒れまくりなさゆりです。

 

今回は有村藍里さんが整形したことについての意見を書いていきます。

何故なら、私は有村藍里さんが整形したことを知った時ショックを受けたからです。結果的に有村さんが幸せになれたから良かったものの、有村さんを苦しめた原因やメディアの威力について把握しなければならないと感じます。この記事がそれらについて考えるきっかけになればいいな〜という気持ちで記事を公開します。

 

一連の流れ

有村藍里さん(28)が自身のブログで美容整形をしたことを告白した。その美容整形とは「輪郭矯正」というもの。その輪郭矯正は頭蓋骨を6分割し、骨を切り、顎の骨を前に出す手術だ。手術後、有村さんは「勇気を出して良かった。」、「これからメイクをしたり、可愛い服を着たりするのが楽しみ」と手術前よりも明るくなった表情で話していた。

有村藍里さんは女優の有村架純の姉であり、有村架純と比べられ「口元が残念」と言われたことにより、ずっと口元がコンプレックスだった。

 

 有村さんを苦しめたこと

有村藍里さん、なんでそんなに自分の顔が嫌いなのかなって不思議でしょうがなかった。本当に嘘偽りなく可愛いからこそ、私はビジネスで、テレビに出るために「私はブスだから・・・」と言っていると思っていた。しかし、整形後の有村さんの嬉しそうな様子、さらに可愛くなった姿を見て、間違いだったのだと悟った。周りに何を言われても信じられない、自分はブサイクだ、口元がおかしいんだ、そういう呪いに、有村さんがかかっていたのだと思う。

 

メディアの恐ろしい力

彼女はメディアに振り回された。彼女はただ普通に生きていただけなのに、有村架純の姉だということを拡散され、有村架純と比べられ、「口元が残念だ」と言われた。SNS上の顔は見えないが、確かに人間によって入力された言葉に傷つけられた。するとメディアへの露出が増え、今度は「可愛い」と言われ始めた。「どうして顔に自信がないのにグラビアをやっているのか」と何も考えていない言葉も浴びせかけられた。

 

顔で判断すること

しかし私はSNS上で有村藍里さんを有村架純を比べた人を非難することはできない。なぜなら、私も多少なりとも人間を顔で判断しているからだ。容姿が整っている女性、男性を見るとテンションが上がるし、必要以上に持て囃してしまう。その人の容姿を他の人と比べてしまうこともある。普通の容姿の人に対して無意識に失礼な言葉を言ってしまうこともある。私のこのような習性の延長線上にあるものはSNS上で人の容姿をジャッジするという行為に繋がると思う。また、私が化粧をしているのも、身だしなみということもあるが、ブサイクだと思われたくないからだ。だからその人たちを非難することはできない。

 

私は喜べない

有村藍里さんが整形をしたことで、「よかったね」「報われたね」と言っている人がいるが、私はこのことはとても悲しかった。詳細は不明だが、有村さんは元々自分の顔が嫌いだったわけではなくて、周りの不特定多数の人間によってそう思い込まされたのだ。そして多額のお金を払って整形した。そのお金は有村さんが働いて稼いだお金だ。そして、整形後自分の顔が変わって喜んでいる有村さんを見て、もっと悲しかった。二十数年ともに生きてきた自分の顔へ多少の愛着はあるだろう。私はどうしても、有村さんの意思ではなく、間接的に、有村さんが周りの人間に顔を「変えさせられた」としか思えない。有村さんが喜んでいるのならそれはそれで結果的に良かったので、これは個人的な一意見として考えてもらいたい。

 

整形について

有村藍里さんについては操作されてしまったのではないかと前述したが、整形については反対するつもりは無い。顔のせいで生きづらさを抱えているのなら、自分の物である自分の顔を変えるという選択を覆す権利は他の誰にもない。それで幸せに前向きに生きていけるならそれは医療技術の成功だ。

中国や韓国の美容整形は過剰なものとなっており、人間離れした大きく千切れそうな目、不自然な小さすぎる顎には不安を感じるが、今回のような美容整形の成功例をみると、人間が外見で悩むことが無くなる未来が楽しみになってくる。

 

まとめ

今回のことは、日本で整形をすることが肯定的に捉えられるようになるきっかけを作り、有村藍里さんもコンプレックスを克服できたことが良かったと思います。

しかし、芸能人の家族だということや、メディアに取り沙汰されてしまった人はどうなるのかといったようなことも表面化しました。

行き過ぎたニュースや正義感、ネットにアクセスしやすくなり気軽に自分の意見を投稿しやすくなった今、どのように振る舞うべきなのでしょうか。

 

 

以上、さゆりでした。

※この記事は整形を推奨するものでも否定するものでもありません。